『神秘の書』 バルザック(水声社)

神秘の書神秘の書

書名:神秘の書
著者:オノレ・ド・バルザック
訳者:私市保彦、加藤尚宏、芳川泰久、大須賀沙織
出版社:水声社
ページ数:432

おすすめ度:★★★☆☆




バルザックが自身の著作の中から神秘的傾向の強い作品を選び、一冊の著作として編んだのが本書『神秘の書』である。
人間喜劇の哲学的研究の中でも、その内容的な偏りからあまり紹介されることがないか、ひょっとすると敬遠すらされてしまう類の作品、すなわち『追放された者たち』、『ルイ・ランベール』、『セラフィタ』の三篇を収録している。
こういう種類の作品は、特異と言えば特異なのだが、裏を返せば、だからこそ読んでおくべきとも言えるのではなかろうか。

『追放された者たち』は、中世のパリを舞台とするというだけで、すでに他の人間喜劇の作品と一味違う。
神秘性はそれほど強くないが、歴史上のとある有名人物が登場するので、それだけでも興味深い作品であると言える。
『ルイ・ランベール』にも実在の人物が組み込まれていて、さらにはバルザック自身の自伝的要素も盛り込まれていて、リアリティ豊かな作品になっている。
こちらも神秘的というよりは、哲学的という形容がより正確であるような気がする。

『神秘の書』の中でも最も神秘色の強い『セラフィタ』は、過去に単行本が出されてもいる。
本書の中でも200ページ近くを占める『セラフィタ』は、やはりバルザックの神秘思想の中心に据えられるべき作品であろう。
本書の収録作品に限らず、バルザックの作品からは意外と神秘的な傾向を見て取ることができるというのは、よく指摘されていることでもある。

なかなか重厚な精神世界を描き出している『神秘の書』は、やはり一般向けの本であるとは言い難いが、間違って気軽に手を出してしまうようなタイトルの本でもないので、期待外れに終わることはそれだけ少ないだろう。
バルザックの神秘思想に触れてみたい方には、この本しかないと言える。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
最新記事
RSSリンク