『心の城』 フローベール(大阪大学出版会)

心の城心の城

書名:心の城
著者:ギュスターヴ・フローベール
訳者:柏木加代子
出版社:大阪大学出版会
ページ数:303

おすすめ度:★★★☆☆




フローベールの書いた夢幻劇がこの『心の城』である。
著者として名前は挙げられていないが実は本書は友人との共作らしく、友人の詩がそのまま挿入されていたりもするが、実質的にはフローベールの手になる作品と呼んでよさそうだ。
舞台での上演や出版の機会に恵まれなかったという不遇の作品であり、知名度も非常に低いようで、本書が本邦初訳となっている。

人間の心を糧に生きる土の精グノームたちと、妖精たちが勢力争いをしている。
妖精たちが勝つためには、純粋な愛を持つ人間の心が必要らしい。
果たして、そんな心を持つ人間を見つけることができるのか・・・。
通常、リアリズムの作家の一人に分類されるフローベールではあるが、『聖アントワヌの誘惑』を見てもわかるように、夢幻の世界と無縁だったわけではない。
『心の城』からは、そんなフローベールの夢幻への志向を容易に読み取ることができるだろう。

『心の城』には随所に挿絵が用いられていて、フローベールの描いた夢幻の世界へアプローチする助けとなるのだが、その一方で、本書に付された解説は一般読者に対しては過剰と思えるほどに充実しており、どちらかと言えば研究書に近い本に仕上がっているとさえ言えるほどだ。
その分ページ数も増え、価格帯も上がってしまっているのだが、できればフローベールの知られざる作品を世に広めるための普及版にして欲しかったというのが正直なところである。
誤植の多さも目に付くので少し残念な思いをするのも事実だ。

フローベール自身も述べていることだが、『心の城』のような夢幻劇は視覚効果や音響効果ありきの作品なので、できれば映画化でもしてもらって楽しむべき作品なのだろう。
一般受けはあまり期待できないので、フローベールの作品ならばすべて読みたい、という方が手にすべき本だと思う。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
最新記事
RSSリンク