『天国・地獄百科』 ボルヘス(叢書 アンデスの風)

天国・地獄百科 (叢書 アンデスの風)天国・地獄百科 (叢書 アンデスの風)

書名:天国・地獄百科 (叢書 アンデスの風)
著者:ホルヘ・ルイス・ボルヘス、アドルフォ・ビオイ=カサーレス
訳者:牛島信明、内田吉彦、斎藤博士
出版社:水声社
ページ数:177

おすすめ度:★★☆☆☆




ドン・イシドロ・パロディ 六つの難事件』や『ブストス=ドメックのクロニクル』と同様に、ボルヘスとカサーレスの共著とされている作品の一つが本書『天国・地獄百科』である。
厳密に言えば、ボルヘスやカサーレス自身の著書ではなく、彼らが古今東西の著作の中から天国や地獄にまつわる記述を集めたアンソロジーとなっており、彼らはあくまで編者という立場であるに過ぎない。
そういう意味では、ボルヘスの手になる作品を読みたいという読者は、私のように少々がっかりすることになるかもしれない。

言うまでもないことであるが、天国と地獄に対しては、洋の東西を問わず古来から人々の関心が非常に高かったので、文献における天国と地獄への言及も止まるところを知らない。
そしてボルヘスらの渉猟する範囲が広範であること、つまり彼らが記述を収集した時代と地域の幅広さには、なかなか目を見張るものがある。
彼らの引用は、キリスト教、イスラム教、ギリシア神話、仏教といった王道的なところはもちろん、スウェーデンボルグ、ゾロアスター教、北欧神話、儒教、インカ帝国まで及んでいるのだ。
「生きる図書館」とでも呼ぶべきボルヘスらしいアンソロジーに仕上がっていると言えよう。

本書では、プラトン『国家』やヴォルテール『哲学辞典』のように、数ページにわたって引用される作品もあれば、1行しかない箴言風の引用もあるといった具合なので、ぱらぱらめくっている限りではあまり統一感のない本という印象を受けかねない。
しかし、最初から最後まで一貫したテーマに導かれているため、先人たちの考えた死後の世界に興味のある方はそれなりに本書を楽しむことができるはずだ。

『天国・地獄百科』のうちに、死後の世界に対する並々ならぬ興味を持っていたボルヘスらしさが表れているのは間違いないが、お世辞にも本書をボルヘスの重要な著作とみなすことはできない。
中古であれば比較的容易に入手可能ではあるが、ボルヘスの作品はすべて読み、その上さらに何か読み進めたいという方のみ、手にすべき本だと思う。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
最新記事
RSSリンク