『けむり』 ツルゲーネフ(河出書房新社)

世界文学全集〈第9〉プーシキン,ツルゲーネフ スペードの女王 猟人日記 けむり 他(1962年)世界文学全集〈第9〉プーシキン,ツルゲーネフ スペードの女王 猟人日記 けむり 他(1962年)

書名:けむり
著者:イワン・ツルゲーネフ
訳者:神西 清
出版社:河出書房新社
ページ数:457

おすすめ度:★★★★




ツルゲーネフ円熟期の長編小説の一つがこの『けむり』である。
思想色の濃い恋愛小説とでも呼べそうな作品であるか、いかにもツルゲーネフらしい読み応えのある作品になっており、ツルゲーネフに興味のある方には非常にお勧めだ。

バーデンを訪れているロシア人の青年リトヴィーノフは、婚約者の合流を待っている身であった。
しかし、そんな折に、かつて相思相愛でありながら、彼を捨てていった美貌の女性と10年振りの再会を果たしてしまったものだから・・・。
『けむり』には、恋愛感情を軸とした心理描写もさることながら、重みのある人物、重みがありそうには見えるが実は薄っぺらな人物、はたまた露骨に軽薄な人物など、いろいろな種類の登場人物から成る当時のロシア社会の上流社会やインテリ層が活写されている。
また、物語の終盤に至って顕在化する『けむり』という表題の奥深さを考えてみるのも面白いように思う。

『けむり』は岩波文庫からも出されているが、こちらは仮名遣いが古く、読みにくいと感じられる読者もいるかもしれない。
私が読んだ河出書房の文学全集のほうは、プーシキンとツルゲーネフを収めた作品集となっていて、プーシキンの『ベールキン物語』と『スペードの女王』、抄訳ではあるがツルゲーネフの『猟人日記』も収められている上に、肝心の『けむり』が名訳者として知られる神西氏の訳業であるというメリットもあるので、活字が小さいという難点はあるにせよ、お勧めできる。

ツルゲーネフの小説は読みやすく、それでいてとても面白いのが常であり、本書『けむり』もその例外ではない。
ツルゲーネフのことを個性の強い作家であるとは言えないかもしれないが、良識と品格に裏打ちされたツルゲーネフの作品は、どこか王道的な小説といった威厳を備えているようにも感じられる。
作品の質の割りに、あまり数多く出回っていないようなので、『けむり』の入手は急いだほうがいいかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
最新記事
RSSリンク