『赤と黒』 スタンダール(岩波文庫)

赤と黒〈上〉 (岩波文庫)赤と黒〈上〉 (岩波文庫)赤と黒〈下〉 (岩波文庫 赤 526-4 9赤と黒〈下〉 (岩波文庫 赤 526-4 9

書名:赤と黒
著者:スタンダール
訳者: 桑原 武夫、生島 遼一
出版社:岩波書店
ページ数:382(上)、468(下)

おすすめ度:★★★★★




言わずと知れたスタンダールの代表作といえば、この『赤と黒』である。
主人公の心の動きを克明に描いた心理小説として高く評価され続けている、フランス文学の古典中の古典でもある。
フランス文学のみならず、欧米文学に興味のある方には必読の一冊と言えるだろう。

頭脳明晰で容姿端麗でもあるジュリアン・ソレルは、生まれが田舎町の庶民ではあるものの、何とか出世したいとの強い野心を抱いていた。
そんな彼が、町長の家で家庭教師をすることになり、次第にその家の夫人と親密になっていくのだが・・・。
大事件が連続するというわけではないものの、『赤と黒』の筋の起伏は読者を最後まで飽きさせることがないはずだ。
読後にタイトルの「赤」と「黒」がそれぞれ何を意味しているのかを考えてみるのも、面白いのではないかと思う。
赤と黒【字幕版】 [VHS]赤と黒【字幕版】 [VHS]

有名な作品だけあり、『赤と黒』は宝塚歌劇の題材となっていたり、映像化されたりしている。
映画化作品のお勧めはユアン・マクレガーが主演している右の『赤と黒』で、原作にはない演出も見られるには見られるものの、概ね原作に忠実な映像化作品となっているのではあるが、VHSしか出回っていないというのがデメリットとなっている。
『赤と黒』という邦題を冠して、現代風にアレンジを加えた韓国ドラマも作成されているようで、『赤と黒』がいまだにアクチュアルな古典作品であることを窺い知ることができる。

『赤と黒』と『パルムの僧院』の二作品が、スタンダールの作品の中で双璧を成しているが、どちらの作品がより優れているかとなると、これには諸説あるようで、要は意見の分かれるところである。
『赤と黒』を気に入った読者は、ぜひ『パルムの僧院』も読んでみていただければと思う。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
最新記事
RSSリンク