『三文オペラ』 ブレヒト(岩波文庫)

三文オペラ (岩波文庫)三文オペラ (岩波文庫)

書名:三文オペラ
著者:ベルトルト・ブレヒト
訳者:岩淵 達治
出版社:岩波書店
ページ数:285

おすすめ度:★★★★★




ブレヒトの代表作として知られているのがこの『三文オペラ』である。
200年前の戯曲を翻案したものではあるが、ブレヒトらしさが存分に発揮された秀逸な作品であると言えるだろう。
作品全体を通して下品な言い回しも多いが、それだけ強く下層民の活気に満ちた息遣いが感じられるのも『三文オペラ』の特長だと思う。

乞食を演じる人々に衣装一式を貸し出し、乞食によって儲かった分の上前をはねるという何とも不名誉な商売を営むピーチャム。
手広くやっていた商売はうまくいっていたが、彼の娘がロンドンの街で知らぬ者のない犯罪者マクヒスと勝手に結婚してしまったものだから・・・。
『三文オペラ』には、裕福な者に利するように世の中ができていて、貧富の差が倫理観の堕落を生むといった、社会主義的な思想がけっこう露骨に前面に押し出されているので、ひょっとするとそれを少々煙たく感じる読者もいるかもしれない。

『三文オペラ』は、戯曲と音楽との融合をテーマにした、ミュージカル風の作品に仕上がっている。
もちろん、過去にも音楽を用いた戯曲は数えきれないほどあるが、戯曲と音楽との融合を追求したブレヒトの変わっている点は、芝居と歌とは明確に区別されるべきであり、芝居の流れから自然と歌に入ってはいけないと考えているところだろう。
つい先ほどまで普通に台詞を述べていた役者が心情の高揚に伴って唐突に歌い出すことの多い今日のミュージカル作品と、異化作用を提唱するブレヒトの作品とでは、やはりその趣向が大きく違うようだ。

岩波文庫の『三文オペラ』の表紙には、結末部分を含むネタばれが書かれていて、あらすじを楽しみたい方はがっかりすることになるかもしれない。
そうはいっても、結末が明かされていたとしても戯曲の面白さはさほど損なわれていないので、少しでも興味を感じた方はぜひ手に取ってみていただければと思う。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
最新記事
RSSリンク