スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『パルムの僧院』 スタンダール(岩波文庫)

パルムの僧院〈上〉 (岩波文庫)パルムの僧院〈上〉 (岩波文庫)パルムの僧院 下 改訂 (岩波文庫 赤 526-6)パルムの僧院 下 改訂 (岩波文庫 赤 526-6)

書名:パルムの僧院
著者:スタンダール
訳者:生島 遼一
出版社:岩波書店
ページ数:371(上)、401(下)

おすすめ度:★★★★★




赤と黒』と並び、スタンダールの代表作とされるのがこの『パルムの僧院』である。
『パルムの僧院』というタイトルではあるものの、不思議と当の僧院はほとんど登場しておらず、宗教臭さの感じられない非常に世俗的な小説となっている。
スタンダールの緻密な心理描写や状況描写は終始冴え渡っているので、本書が再読に値する傑作であると高く評価されるのも納得がいくというものだ。

『パルムの僧院』は、ナポレオンを崇拝する青年ファブリスが主人公であり、作中における彼の運命の行く末も気になるところではあるが、「魔性の女」とでも呼ぶべき典型的なファム・ファタルであるその叔母の暗躍も見逃せない。
殺人事件が起こり、命懸けの恋愛もあり、策略と陰謀の渦巻く宮廷も舞台となり・・・。
一般的に言って、スタンダールの描写の進め方はそれほど速い部類には入らないと思うが、次から次へと何かが起き続けるスリリングな展開は、最後まで読者の心を放さないのではなかろうか。
パルムの僧院 (上) (新潮文庫)パルムの僧院 (上) (新潮文庫)パルムの僧院〈下〉 (新潮文庫)パルムの僧院〈下〉 (新潮文庫)

知名度では『赤と黒』にやや劣る感があるものの、『パルムの僧院』も文学全集では常連となっている古典中の古典だ。
私自身、読み比べてみたことがないので優劣はつけられないが、右に挙げた新潮文庫の大岡昇平訳も昔からある定番となっている。
むしろ、『パルムの僧院』ほどの傑作なのに、新訳が存在しないことが意外であると言うべきかもしれない。

スタンダールの言によると、彼は『パルムの僧院』をわずか2か月足らずで書き上げたらしい。
この発言自体を額面通りに受け取る必要はないだろうが、実際にスタンダールが短期間で仕上げたのは事実のようであるし、『パルムの僧院』のクオリティを考え合わせると、彼の手腕にはやはり驚かされるものがある。
執筆時のスピード感を損なわないためにも、読者の方でも一気呵成に読み切ってみるべき作品なのかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
最新記事
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。