スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ブレヒト詩集』 ブレヒト(みすず書房)

ブレヒト詩集 (1978年)ブレヒト詩集 (1978年)

書名:ブレヒト詩集
著者:ベルトルト・ブレヒト
訳者:長谷川 四郎
出版社:みすず書房
ページ数:144

おすすめ度:★★★★




『三文オペラ』などの戯曲で知られるブレヒトの詩作品を集めたのが本書『ブレヒト詩集』である。
一般に、ブレヒトは詩人としてはあまり知られていないし、注目度も低いかもしれないが、実は生涯にわたって数多くの詩を残してきている。
言葉の意味が直接的で回りくどさが少なく、物語性のある詩作品も多く収録されているので、とっつきやすい、読みやすい詩が多いのではないかと思う。

『ブレヒト詩集』には、一ページで終わる短いものから二十ページに及ぶ長めの詩まで、計十九編の詩作品が収録されている。
政治的なニュアンスの感じられるもの、社会に対する皮肉を含んだもの、執筆時期を想起させる時事的なものなどが収められていて、非常にブレヒトらしさを感じさせる作風となっている。
ブレヒトの書いたドイツ語を確認したわけではないけれども、他の詩人の作品と比べると、言葉の数はやや少なめかもしれない。
それでも読者の心や精神に訴えかけてくるものがあるというのだから、それだけ一語一語が厳選されているということなのだろう。

本書において、中心的な位置付けになろうかという詩作品のいくつかは、『暦物語』にも収録されていたものである。
具体的には、『子供の十字軍』、『仏陀火宅説話』、『老子亡命途上道徳経成立譚』がそれに該当するわけだが、その表題を見るだけで、この訳書が1978年初版であるという事実が実感できるのではなかろうか。
ただ、訳文自体はそこまで古めかしくないので安心していただければと思う。

巻末にブレヒトの写真が数点掲載されているのも、ブレヒトのファンにはうれしいポイントだ。
残念ながらこの本自体があまり出回っていないというのが実際のところではあるが、ブレヒトの詩の世界への足掛かりには最適の一冊と言えるだろう。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
最新記事
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。