『カストロの尼』 スタンダール(岩波文庫)


書名:カストロの尼
著者:スタンダール
訳者:桑原 武夫
出版社:岩波書店
ページ数:216

おすすめ度:★★★★




スタンダールの中短篇小説を三篇収録しているのが本書『カストロの尼 他二篇』である。
本書には『カストロの尼』の他、『箱と亡霊』、『ほれぐすり』が訳出されているが、『カストロの尼』は特にスタンダールの代表的な中短篇小説と目されているようなので、スタンダールに関心を持っている人であれば読んでおくべき作品の一つであると言えるだろう。

『カストロの尼』は、山賊が横行していた時代である16世紀のイタリアの古記録をベースにしており、「訳者」と称するスタンダールがしばしば顔を出すという構成で書かれている。
恋と因縁、名家と僧院、血で血を洗う戦いの場面と、つい『パルムの僧院』を想起させるような作品であるが、『パルムの僧院』との関連を抜きにして読んでも、十分面白い作品となっている。
貴族の娘と山賊の青年という本来ならば相容れない二人の運命がどうなるのか、読者はつい引き込まれてしまうことだろう。

19世紀のスペインを舞台とする『箱と亡霊』は、ボッカッチョ風とでも呼べそうな、やや古めかしいスタイルのあらすじである。
ストーリー展開の緩急にはだいぶむらがあり、終盤の駆け足はかなりのものなので、幕切れは少々あっけないように感じられるのではなかろうか。

『ほれぐすり』も終盤になって物語に一気に片が付く作品である。
謎に満ちた女が登場するというミステリアスなスタートではあるが、それほど長い作品でもないので、読者の記憶には残りにくい小品であるように思われる。

本書の収録作品は、いずれも恋に生きる男女がテーマとなっていて、一冊の本としての統一感があるというだけでなく、小説家としてのスタンダールの特徴をよく表しているとも言える。
赤と黒』と『パルムの僧院』を読んだら、次は本書を手にしてみてはいかがだろうか。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
最新記事
RSSリンク