『回想のシャーロック・ホームズ』 コナン・ドイル(創元推理文庫)


書名:回想のシャーロック・ホームズ
著者:アーサー・コナン・ドイル
訳者:深町 眞理子
出版社:東京創元社
ページ数:465

おすすめ度:★★★★




本書『回想のシャーロック・ホームズ』は、ホームズシリーズの短編集としては第二作目となる。
有名な作品だけでなく、節目となる作品も収められているので、ホームズシリーズに興味のある方ならばこれも必読の一冊といえる。

本書には『シルヴァー・ブレーズ号の失踪』、『黄色い顔』、『株式仲買店員』、『グロリア・スコット号の悲劇』、『マズグレーブ家の儀式書』、『ライゲートの大地主』、『背の曲がった男』、『寄留患者』、『ギリシア語通訳』、『海軍条約事件』、『最後の事件』の十一篇が収録されている。
「銀星号」と訳されることもある、名馬の失踪の謎を解く『シルヴァー・ブレーズ号の失踪』は、ホームズシリーズの短編の中で屈指の有名作品である。
短編にしては文章量の多い『海軍条約事件』も、それだけ読み応えがあり、長く記憶に残る作品となるのではなかろうか。

ホームズが探偵を始める前の若い頃を語るという『グロリア・スコット号の悲劇』や、ホームズ自身が探偵としての駆け出しの頃を語る『マズグレーブ家の儀式書』には、事件自体の面白さだけではないシリーズものならではの楽しみがある。
一方で、ホームズの行った謎解きに十分な説明がなされていない『寄留患者』や、着想は面白いにもかかわらず事件解決に至るまでがシンプルに過ぎる『ギリシア語通訳』は、どこか物足りなさの残る作品だと思う。

これといった謎解きはなされないとはいえ、ホームズに親しんできた読者にとって、ホームズの宿敵であるモリアーティ教授との闘いを描いた『最後の事件』が興味深いものであることは間違いないだろう。
実際にはこの事件がホームズの「最後の事件」にならなかったからよかったようなものの、ドイルが早くホームズシリーズを終わらせようとしたことを思うと、やはり残念な気がしてならない。
いずれにしても、『回想のシャーロック・ホームズ』を楽しまれた読者には、引き続き『シャーロック・ホームズの復活』を読まれることをお勧めしたい。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
最新記事
RSSリンク