『月世界へ行く』 ジュール・ヴェルヌ(創元SF文庫)


書名:月世界へ行く
著者:ジュール・ヴェルヌ
訳者:江口 清
出版社:東京創元社
ページ数:317

おすすめ度:★★★★




ヴェルヌの代表作の一つに数えられるのが本書『月世界へ行く』である。
代表作と呼ばれる作品が多いために、これから読み始めようと考えている読者にとって、ヴェルヌは的を絞りにくい作家ではあるが、それぞれが読者を後悔させないだけの興味深い作品に仕上がっていているからにはそれもやむをえないことで、本書もその一例と言えるだろう。

『月世界へ行く』では、巨大な砲弾を月に向けて打ち上げ、その中に三人の人間が乗り込むという、かなり無謀な計画の顛末が語られている。
科学談義が少なからず書かれていて、物語自体のテンポの良さを損なっているのは事実なので、退屈に感じられる読者もいるかもしれないが、全体として見れば読んで損はない本と言えると思う。
それほど専門知識のない読者でも、ヴェルヌの描く宇宙空間や月面の様子が今日の常識と大きく異なっていることに気付くだろうが、いかにヴェルヌの描写に誤りが多かったとしても、150年前に想定されていた宇宙像は読んでいて面白く感じられるのだから不思議なものだ。

本書『月世界へ行く』は、実は『地球から月へ』の続編なのであって、順当に行けば『地球から月へ』を読んでから手にすべき作品ということになるのだが、『地球から月へ』は手軽に入手できる翻訳がないようだし、本書と比べると退屈と評されることが多いらしい。
そこで『月世界へ行く』から読むことに決めたのだが、『地球から月へ』のあらすじは序章で語られるし、やや唐突に月へ向かう一行が旅立つことにはなるものの、『月世界へ行く』から読み始めても特に支障はないと言えそうだ。

現実問題として考えれば、拙い設備で月へと旅に出るという大胆極まりない冒険は、全編を通じて登場人物が死の恐怖におののいていてもおかしくない事態だろう。
しかし、本書の旅行者たちは深刻さを地球に置き忘れでもしたのか、砲弾内には終始お気楽ムードが漂っていて非常に読みやすいので、読者の側もぜひお気楽に読み始めていただければと思う。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
最新記事
RSSリンク