『オクス博士の幻想』 ジュール・ヴェルヌ(創元SF文庫)


書名:オクス博士の幻想
著者:ジュール・ヴェルヌ
訳者:窪田 般弥
出版社:東京創元社
ページ数:266

おすすめ度:★★★★




ヴェルヌの短編作品三点を収めたのが本書『オクス博士の幻想』である。
ヴェルヌといえば長編作品のイメージが強く、短編集には意外の感すらあるほどで、事実、彼の本領は長編作品でこそ存分に発揮されているように思うが、短編作品においてもヴェルヌ作品の本質とも言える着想の妙は当然ながらさえ渡っている。
本書の読者であれば、そのことに容易に賛同いただけることだろう。

『オクス博士の幻想』は、フランドルのとある平穏な、というより平穏に過ぎる町を舞台にした物語で、オクス博士という素性のよくわからない学者の企みがテーマとなっている。
100ページ程度の作品ではあるが、細部を書き足せば長編作品化することもできただろうと思われるほどで、そういう意味ではだいぶコンパクトにまとまっていると言えると思う。

『ザカリウス親方』は、これまで彼の作ってきた時計が軒並み止まりだすという、ジュネーブの優れた時計職人の物語である。
陰鬱な世界観の中で進行するゴシック風な作品であり、適度な緊迫感が全体を程よく引き締めているように思われる。

『氷のなかの冬ごもり』は、典型的な冒険小説と言えるだろう。
北海で航海中に行方不明になった息子を、その父親たちが遠く北極海にまで捜索に行く。
自分たちの身でさえ危険にさらされる酷寒と氷雪という厳しい環境の中で、果たして行方不明の息子は見つかるのだろうか・・・。

本書『オクス博士の幻想』を読めば、ヴェルヌの短編作品の面白さを体感することができるはずである。
ヴェルヌを読み始める人に対して、本書を一冊目にお勧めしようとは考えないけれども、ヴェルヌに関心のある方であれば、彼の短編の持つ魅力を知らずにおくのは惜しいことではないかと思う。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
最新記事
RSSリンク