『検察官』 ゴーゴリ(岩波文庫)

検察官 (岩波文庫)検察官 (岩波文庫)
(1961/08/05)
ゴーゴリ

商品詳細を見る

書名:検察官
著者:ゴーゴリ
訳者:米川 正夫
出版社:岩波書店
ページ数:178

おすすめ度:★★★★★




ロシア文学の戯曲のうち、喜劇作品を思い浮かべようと試みた際に、私は寡聞にしてゴーゴリの作品をおいて他をほとんど知らないのだが、ゴーゴリの戯曲の中で最も有名なのがこの『検察官』だ。
喜劇としての出来は申し分なく、強くお勧めしたい作品だ。

無一文の若者が田舎町に流れ着き、さてこれからどうしたものかと考えているうちに、彼を検察官に違いないと信じ込んだ町の人々の歓待が始まり・・・。
人違いを用いた喜劇という意味ではシェイクスピアに通ずるところもあるが、笑いの質は根本的に異なり、官僚社会を痛烈に風刺した作品となっている。
ただの凡人を政府高官と勘違いして接待する男たち、しなを作る女たち、そんな彼らが滑稽であると同時に、目上の人に媚びずには出世を望むことのできない田舎の人々の侘びしさをも感じさせる。

私事で申し訳ないが、旅先のサンクト・ペテルブルクで、私は運よく『検察官』が劇場で上演されるのを見たことがある。
何の気なしにとある劇場の入り口で演目表を見ていると、ロシア語のアルファベットはだいたい読めたので、翌日上演される劇の作者の名前がゴーゴリであると読み取ることができた。
「検察官」の原語なぞもちろん知らないが、それでもきっと演目は『検察官』に違いないと信じてチケットを買い、そしてその期待は裏切られることなく、幸運にも『検察官』にありつくことができたわけである。
当然ながら現代風の演出が施された上演だったが、今日のロシアでも『検察官』が上演されることがあるのだと、本国ではゴーゴリの作品で劇場が満席になるのだとわかって、とてもうれしく感じたものだ。

ゴーゴリは日本ではあまり読まれていないように思うが、他のロシア文学の大家と比べればタッチが軽く非常に読みやすい。
中でもこの『検察官』は戯曲ということもあってすらすら読める上に、ただの喜劇にとどまらない深みがある。
ゴーゴリを知っている人もそうでない人も、必ずや楽しんでいただけるはずの傑作だ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
最新記事
RSSリンク