『罪と罰』 ドストエフスキー(岩波文庫)

罪と罰〈上〉 (岩波文庫)罪と罰〈上〉 (岩波文庫)
(1999/11/16)
ドストエフスキー

商品詳細を見る
罪と罰〈中〉 (岩波文庫)罪と罰〈中〉 (岩波文庫)
(1999/12/16)
ドストエフスキー

商品詳細を見る

罪と罰〈下〉 (岩波文庫)罪と罰〈下〉 (岩波文庫)
(2000/02/16)
ドストエフスキー

商品詳細を見る

書名:罪と罰
著者:ドストエフスキー
訳者:江川 卓
出版社:岩波書店
ページ数:414(上)、364(中)、431(下)

おすすめ度:★★★★★




言わずとしれたドストエフスキーの、いや、世界文学の最高傑作の一つである『罪と罰』。
私はドストエフスキーの長編作品で初めて読んだのがこの『罪と罰』なのだが、その時の衝撃を今でも覚えている。
上・中・下の三冊をほんの数日で、まさに震撼しながら読んだものだ。
大学の講義に出ながらも早く再び本を手に取りたくてたまらなかったし、終盤にさしかかると作品が終わってしまうのが惜しい気がして、先を読みたいのか読みたくないのかよくわからない複雑な気持ちになりもした。
『罪と罰』に限ったことではないが、ドストエフスキーの作品はどれも強くお勧めせずにはいられない。

主人公の青年ラスコーリニコフは、身勝手を許容する哲学の下、金貸しの老婆を惨殺し金を奪うという罪を犯す。
しかし、空虚な哲学は彼の良心を眠らせてはくれず、彼は執拗な罪の意識に苛まれ始め・・・。
普通に考えればあまりにも長すぎる台詞も内省も、ドストエフスキーなら不思議とすらすら読めてしまう。
ドストエフスキーの作品には読ませる力がある、だからこそ今でも世界中で読まれ続け、感動を与え続けているのだろう。

カラマーゾフの兄弟』や『悪霊』など、ドストエフスキーにはいくつか傑作長編があるが、そんな中でも特に、登場人物の構図がわかりやすい『罪と罰』は読みやすいほうだ。
長編小説やロシア文学にあまりなじみのない方も、『罪と罰』なら読み通してもらえるものと思う。

ドストエフスキーは難しそうで手を出せないとか、タイトルからしてなんか暗そうとか、単に長すぎるとか、そういう話をよく耳にする。
確かに、万人に受ける作家ではないかもしれない。
しかし、ドストエフスキーを食わず嫌いでいるのはあまりにもったいない。
読者を捕らえて離さないドストエフスキー作品の強烈な引力を、ぜひ感じてみてほしい。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして☆

数週間前にこちらのブログを見つけて以来、読書の参考にさせていただいています!
「罪と罰」も、こちらの記事がきっかけになって、今読んでいる最中です(^^)
この齢になって、あまりにも古典文学を読んでいないことを恥ずかしく思い、今は特に海外文学に興味を持って読んでいっています。
今後もブログ楽しみにしていますね♪

コメントありがとうございます

コメントありがとうございます。

『罪と罰』を読むきっかけとなったと聞いてたいへんうれしく思います。
『罪と罰』といえば学生の頃に読んで大いに感銘を受けた作品で、個人的な思い入れが強いものの一つです。
名作を読むのに遅すぎることはないはずですので、ぜひこれからもいろいろ読んでみてください。
カテゴリ
PR
最新記事
RSSリンク