『初恋』 ツルゲーネフ(光文社古典新訳文庫)

初恋 (光文社古典新訳文庫)初恋 (光文社古典新訳文庫)
(2006/09/07)
トゥルゲーネフ

商品詳細を見る

書名:初恋
著者:ツルゲーネフ
訳者:沼野 恭子
出版社:光文社
ページ数:184

おすすめ度:★★★★★




ツルゲーネフの作品の中で最もよく読まれているのがこの『初恋』だろう。
人間性を深く掘り下げるのが正統ロシア文学だとすれば、『初恋』は必ずしもロシア文学らしくない軽めの作品であるが、逆にその読みやすさが受けているのだろう。
ツルゲーネフの代表作である『初恋』、自信を持ってお勧めできる傑作だ。

『初恋』の主人公はまだ若い青年である。
そんな彼が近所に住むコケティッシュな年上の令嬢に恋をするが、まだ子供だとあしらわれているうちに、彼は恋敵が存在することを知ってしまう。
嫉妬心と好奇心の入り混じった複雑な気持ちを抱きながら、彼は恋敵の正体を見極めようとするが・・・。
若き青年の淡い恋という非常に共感しやすいテーマが読者を作品に没入させ、予想外の展開が読者の記憶に焼き付けられる秀作をぜひ味わってみてほしい。
ツルゲーネフの優しい書きぶりも読んでいてとても気持ちがよく、この『初恋』はなにしろ悪い評判を聞かない本の一つである。
今日の日本であまり読まれていないツルゲーネフの他の作品、たとえば『父と子』などを読むきっかけとしてもらえればと思う。

これは余談だが、最近では本書のようにツルゲーネフを「トゥルゲーネフ」とも表記するようになったらしい。
よりロシア語の音に近付けてのことなのだろうが、私はどうにも「トゥルゲーネフ」に馴染むことができず、いまだに「ツルゲーネフ」を貫いている。
あまり新訳の出ないツルゲーネフだけに、「トゥルゲーネフ」が浸透するまでには時間がかかるように思うが、最近は「トゥルゲーネフ」が普及していっているのだろうか。

『初恋』という表題どおりのほんのり温かくも哀愁に満ちたストーリーが、これまで多くの人の心を揺さぶってきたことは疑いようがない。
難しいところが一切なく、大き目の活字でも184ページと厚い本でもないので、ぜひ気楽に手にしてみていただきたい。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
PR
最新記事
RSSリンク